抜け毛対策

ママで、ナースで、ときどき釣りガール(⁉️)の徒然ブログ

仕事も子育ても趣味も楽しみたい‼️欲張りナースのボンママが、思いのままに綴っちゃいます♡

公務員看護師が転職決定後から入職までにしておくべきこと、

こんにちは、ボンママです。

転職が決定してから、退職や入職に向けての準備を進めています。
私にとって転職は初めての経験なので、ひとつひとつ聞きながら行っているところです。
退職までの手続きなどはネットで調べるといろいろ載っていますが、私は現在公立病院勤務で公務員にあたるので、少しだけ手続きが違うようです。

今日は、公務員看護師が転職決定後から入職までにしておくことを、私の今回の経験を交えながらまとめてみました。


【目次】

退職する病院ですること

まずは退職する病院ですることがいくつかあります。

退職の意志を伝える

「最初に誰に伝えればいいの?」と悩む方が意外にいるようですが、まずは直属の上司に退職の意志を伝えましょう。
もしかしたら、その場で引き止められるような言葉をかけられるかもしれませんが、それでも退職の意志が揺るがないのであれば、その意志を伝え、更に上の上司に伝えてもらいましょう。
ちなみに、法律では退職日の14日前までに退職を伝えればよいことになっていますが、職場への迷惑を考えれば、よほどの急な理由でない限り実際にはあり得ない期間ですよね。
職場それぞれに、就業規則があると思うので、それに従うのがよいでしょう。

私は、まず自部署の看護師長に最初に退職の意志を伝えました。かなり驚かれましたが、意志が変わらないことを伝えると、更に上の上司である看護副局長へ、看護師長がまずは伝えてくれました。
ちなみに、私の職場の就業規則では、3ヶ月前までに申し出ることになっているそうなので、申し出の時期に問題はありませんでした。

後日、看護副局長との面談があり、退職理由の詳細を伝えました。退職時期をもう少し伸ばせないかなどの打診がありましたが、難しい旨を伝え、退職時期が決定となりました。

退職届を提出する

職場によって、「退職願」か「退職届」のどちらを出すか決まりがあると思うので、それに従えばよいと思いますが、この2つの違いを調べてみたところ、

  • 退職願→撤回できる
  • 退職届→撤回できない

簡単に言えば、こんな感じのようです。

私の職場は、退職1ヶ月前までに退職願を出すようにとのことで、専用の様式があるのでそれに沿って記入し、総務課へ提出しました。

国民年金の手続き

平成27年10月から、共済年金が厚生年金に統一されたので、現在は会社員でも公務員でも手続きは同じなようです。
転職先へ、間を挟まず入職するかどうかで、手続きが変わってきます。

退職から入職までに間を挟む場合

私は、退職後1ヶ月空けて転職先へ入職するため、こちらの手続きになります。
勤めている間は「第2号被保険者」ですが、間の1ヶ月は「第1号被保険者」になるため、第1号被保険者資格取得の手続きをすることになります。
退職時に職場から年金手帳を受け取り、その他印鑑や退職の照明ができる書類を持って、市役所の国民年金担当窓口に行き、手続きをします。
手続きが完了したら、第1号被保険者の間は、自分で国民保険料を支払います。

退職後すぐに入職する場合

すぐ転職先に入職する際は、新しい職場で厚生年金の加入手続きをします。
転職先に年金手帳を持っていくと、加入手続きをしてもらえます。

入職までに間を挟んだ場合も、転職先へ入職する際に上記の厚生年金加入手続きを行うことになります。

手続きの手間を考えると、間を空けずに入職した方がラクではありますね。

健康保険の手続き

公務員の間は共済組合に加入しています。すぐに転職する場合は、新しい職場の健康保険に加入することになり、新しい職場で手続きをしてもらえるので、退職時にこれまでの健康保険証を返却しましょう。

また、もしも入職までに間の期間がある場合でも、「健康保険任意継続」という制度が適用できる場合があります。
これは、最高2年間の間、退職した職場の健康保険を継続させてもらえる制度です。
メリットとしては、退職後すぐに国民健康保険に変更しなくてもいいので、2年以内に転職する予定がある人などは、任意継続しておくとよいでしょう。
適用条件がいくつかあるので、自分が適用されるかどうか、退職する職場で確認してみましょう。
任意継続をしたい場合は、申請書を提出します。

任意継続を希望しない場合や、適用条件に満たない場合は、退職後14日以内に国民健康保険に加入する手続きが必要です。

退職金の手続き

退職所得の受給に関する申告書が必要になるので、必要書類を準備していきます。

失業保険は?

退職する病院で行う主な手続きは、以上になりますが、ここで最後に説明しておきたいのは、「公務員は失業給付金がない」ということです。
一般の会社員の場合は、離職票をもらってハローワークに行き、失業給付金の手続きが必要になりますが、公務員は雇用保険がないので、失業給付金ももらえないのです。

転職先の準備

転職先によると思いますが、今回私が行っている準備を説明したいと思います。

必要書類の提出

私が準備した書類は、以下の通りです。

  • 社員登録票
  • 給与振込先届兼振込同意書
  • 扶養控除等申告書(自分が扶養している家族がいる場合です)
  • 通勤届
  • 入社誓約書
  • 健康状態告知書
  • 機密情報誓約書
  • 身元保証契約書
  • 看護師免許証のコピー

その他、退職してから転職先に提出する書類もあります。

  • 年金手帳
  • 源泉徴収票

とにかくたくさんの書類が必要なので、先に準備できるものから提出していくとよいと思います。

必要物品の確認

新しい職場で、支給される物品や自分で準備すべき物品を確認しましょう。
看護グッズは近所のお店などでは手に入らないので、早めに聞いて、必要な物は早めに手配できるようにした方がいいです。

事前学習した方がいいことを確認する

これは、転職する人のやる気次第ですが、看護の仕事は幅広いので、今までの知識と経験だけでは足りないことがあるでしょう。

私は、総合病院から訪問看護への転職なので、分野が変わるため何を切り口に事前学習すればよいのか分かりませんでした。
そこで、転職先の人にそのことを相談しました。
すると「やりながら覚えていってくれればいいけど、訪問看護の仕組みなど全然分からないと思うから、こういう本を読んでみるといいよ」と、何冊か本を貸して頂けました。
また、転職までにも見学同行をしたいと希望を伝えたら、快く了承してもらえました。

事前学習は、自分の準備にもなるし、転職先へのやる気も伝わると思うので、どんどん相談して学習していけるとよいと思います。



まだまだ私自身準備途中なので、足りないことがあれば随時更新していきたいと思います。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました(╹◡╹)


↓合わせて読みたい記事はコチラ↓


励みになるので、よろしければ読者登録してもらえると嬉しいです♡

↓ポチッとして頂けると、より励みになるのでお願いします♡↓

人気ブログランキングへ
↓こちらもポチッとお願いします♡↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村