抜け毛対策

ママで、ナースで、ときどき釣りガール(⁉️)の徒然ブログ

仕事も子育ても趣味も楽しみたい‼️欲張りナースのボンママが、思いのままに綴っちゃいます♡

子供の習い事が身につかないたったひとつの理由、のお話。

こんにちは、ボンママです。

『子供の習い事』って、ママたちの気になる話題のひとつですよね。
どんな習い事がいいか、いつから始めたらいいかなど、本当によく話題に挙がります。

今日は、そんな気になる『子供の習い事』についてまとめてみました。



【目次】


何を習わせたらいい?

子供の習い事、何を習わせたらいいかってとっても悩みますよね。

2017年習い事ランキングによると、

  • 英語
  • 習字
  • ピアノ
  • サッカー
  • スイミング

が上位だそうです。

どれも、よく聞く習い事ですよね。
では、実際にどの習い事を習わせたらいいのでしょうか?

英語が必修科目になるから、英語?
身体を丈夫にするために、サッカーやスイミング?

何を習わせるかは、『目的』によってかわってくると思います。
なので、正解はありません。
ただ、その『目的』がはっきりしていないのは、習わせる意味がないですよね。ゴールがないんだから。せっかくお金を払って習わせても、もったいないだけだと私は思います。


何を習うか、誰が決める?

では、皆さんの家庭では、何を習うかを誰が決めていますか?
パパやママが決めている家庭も多いのではないでしょうか。

それが1番の間違いです‼︎

子供にとっては、親が決めたから習っているだけ、やらされているだけという感覚です。
だから、親がどんなに一生懸命習わせても、なかなか身につきません。

そう、子供が習い事をしてもなかなか身につかない理由、それは「習わされている」からなんです。

では、どうしたらいいのでしょう?


子供が習いたいものを習わせる

それはズバリ、『子供が習いたいと思うことを習わせる』ということです。

子供が興味本位で「習いたい」と言ったことを何でも習わせるということではなく、

  • なぜ習いたいか『目的』がある
  • 続ける覚悟がある

最低この2つを子供に確認した上で、習わせるとよいと思います。

習い事をするということは、それだけ遊ぶ時間が減るし、習い事の時間以外にも練習が必要なものもあります。
そういうことも親が説明してあげて、それでも「やりたい」と思えることなら、子供も熱心に取り組むと思うし、どんどん身についていくでしょう。

要は、子供の『ヤル気』が肝心ということです。


子供に「習いたい」と思わせる

さて、実際には、子供が習い事を習いたいと思うまでの過程には、どんな習い事があるかを知るという段階があります。

少し大きくなればお友達との会話で本人が情報を得ることができますが、幼児の頃は大人からの情報がメインになります。

もしも、パパやママが「この習い事をしてほしいな」と思うものがあるなら、まずは子供がそれに興味をもつようにしてみるといいと思います。

野球を習わせたいなら、野球観戦に連れていってみたり、
英語を習わせたいなら、まずは英語の知育おもちゃなどで反応を見てみたり。

興味をもったことが、楽しむということに繋がれば、子供はグングン吸収していきます。
嫌々習い事に行くのではなく、楽しんで習えることを心がけるとよいでしょう。


まとめ

子供のチカラって、未知数です。
そのチカラを、いやいや習い事に通うようなマイナスのことに使うのは本当にもったいないと思います。
「楽しい!」「面白い!」が、子供の能力を伸ばす最高のエネルギーになると私は思っています。

皆さんのご家庭でも、子供の習い事について見直すキッカケになるといいなーと思います。


お読みいただきありがとうございました
(╹◡╹)



合わせて読みたい記事はコチラ↓



励みになるので、よろしければ読者登録してもらえると嬉しいです♡

↓ポチッと押してもらえると、より励みになります♡↓

人気ブログランキングへ
↓こちらもポチッとお願いします♡↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村