抜け毛対策

ママで、ナースで、ときどき釣りガール(⁉️)の徒然ブログ

仕事も子育ても趣味も楽しみたい‼️欲張りナースのボンママが、思いのままに綴っちゃいます♡

看護師の転職活動【見学は必ず行った方がいいよ】、のお話。

どうも、ボンママです。

久しぶりに、今日は転職活動について書こうと思います。

先日、転職先候補の2施設に、見学に行ってきました。
私は訪問看護希望なので、どちらも同行見学だったのですが、求人票には載っていないこともたくさん分かり、見学に行って本当に良かった!と思ったので、見学の良い点についてまとめてみました。



【目次】


通勤時間の実際が分かる

今回見学に行った2施設とも、午前中の見学同行でした。
どちらも朝のカンファレンスから出席してほしいとのことだったので、実際の業務開始時間に間に合うよう行くことになりました。

だいたいの場所と所要時間は調べていましたが、朝の通勤ラッシュだと交通量が違い、余裕をもって出発したものの、思ったより時間がかかりました。特にどの道が混んでいるのか、などの情報は、実際の通勤時間帯に試してみないと分からないので、今回朝イチからの見学ということで、通勤環境について知ることができたのはよかったと思います。


スタッフの雰囲気が分かる

転職サイトの求人票によく記載されている文面、「スタッフ同士の仲が良く、とても雰囲気のいい職場です」などがありますよね。
これについても、求人票の言葉だけを鵜呑みにしてはいけないなぁと、見学に行ってしみじみ思いました。

私が実際に見学に行って感じたことを例に挙げると、

  • 在宅クリニックAの場合
    • 求人票→「人間関係◎、若いスタッフが多くエネルギッシュに働いています」
    • 実際→スタッフ同士はたしかに仲良さそう、しかし私が入り口が分からず探していた時に横を素通り、事務の人たちも愛想がない挨拶、若いスタッフが多いが、エネルギッシュというよりは、業務が繁雑すぎてバタバタしていただけの印象、カンファレンスも各自デスクワークをしながらで聞いているのかいないのか分からない感じ
  • 訪問看護Bの場合
    • 求人票→人間関係について記載なし
    • 実際→スタッフ全員笑顔で挨拶、スタッフ同士の会話を聞いていても礼儀をわきまえた会話、適度な緊張感のカンファレンス

人間関係良好とか書いてある所って、他に書くことがないのかなぁ、とか思っちゃいました笑


看護の実際が分かる

これはもう、1番重要なことですよね。
求人票の1日訪問件数だけを見ても、イマイチ看護のイメージって湧きません。

今回の見学では、

  • 在宅クリニックAの場合
    • 往診は、バイタルチェックだけで患者と特に会話もせず終了、件数をこなすのに精一杯の印象
  • 訪問看護Bの場合
    • 同行見学の許可を事前に患者にとってくれてあり、「今日見学の方ね」と患者様も初対面の私にも話をしてくれるなど、コミュニケーションを多くとりながら関わっている印象、患者の話に耳を傾け丁寧な説明、患者様が安心しているのが見ていて分かる感じ

勤務時間や給与条件も似ている2施設ですが、ここまで読んで頂いて分かるように、実際はかなり違った印象でした。

私がどちらに転職希望したかは、もうお分かりですよね。


求人票に載っていない情報が聞ける

これは、必ずしもではないですが、今回の場合は、同行の移動中にスタッフの人がいくつか話をしてくれ、求人票に載っていない情報も分かりました。

今回の例

  • 残業が実際は多めであること
  • 年に1回、旅行代として臨時支給10万を申請したら貰えること

2つ目の情報はかなり魅力的なので、求人票に載せたらもっと求人くるのに笑



【まとめ】
このように、求人票だけでは分からないことが、見学に行くことで分かります。

転職サイトによっては、担当アドバイザーがいろいろ聞いてきてくれますよーという所もありますが、百聞は一見にしかず、です。

できる限り自分の目で確かめることが、失敗しない転職の近道だと思います。

転職を考えている方、転職活動中の方、ぜひ見学へGO!笑



お読みいただきありがとうございました(╹◡╹)


↓合わせて読みたい記事はコチラ↓



励みになるので、よろしければ読者登録してもらえると嬉しいです♡

↓ポチッとお願いします♡↓

人気ブログランキングへ
↓こちらもポチッとお願いします♡↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村