抜け毛対策

ママで、ナースで、ときどき釣りガール(⁉️)の徒然ブログ

仕事も子育ても趣味も楽しみたい‼️欲張りナースのボンママが、思いのままに綴っちゃいます♡

【さぁ家族で釣りに行こう‼︎】ママアングラーが教える、ファミリーフィッシングの始め方、のお話。

どうも、ボンママです。

先日、『子供にとって釣りは学ぶことがたくさんだからファミリーフィッシングはオススメ‼︎』的な記事を書きましたが、
↓↓コチラ↓↓

せっかくオススメしたので、『じゃあどうやって始めたらいいのよ⁈』ということを、今回はお話ししますね。

基本的に、釣具屋さんに行って「初心者なので必要な物教えてください」って言えば、丁寧に教えてもらえますが、その前にファミリーフィッシングをするか悩んでいる方、乗り気じゃない方も、この記事を読んで「準備も意外に簡単だし始められそう‼︎」と思ってもらえることを目標に、ボンママ流で説明していきたいと思います!


【目次】

そもそも、どんな釣り方があるの?

今回は、たくさんある釣り方の中でも、初心者が始めやすい釣り方を簡単に説明します。

浮き釣り

釣り糸の途中に、浮きをつけて投げます。水面に浮きがプカプカと浮いていますが、魚がかかるとエサを食べながら泳ぐので、浮きがググーっと沈みます。魚がかかったのが分かりやすい釣り方です。
釣りをする海の深さによって、浮きの位置を変えて、海の中のどの深さにエサが浮くようにするかを決めます。

投げ釣り

浮きはナシのバージョンと言えば、分かりやすいでしょうか。
投げ釣りでは、釣り針が海底まで沈むように、重りも浮き釣りより重い物を使います。
魚がかかると、浮きのように見た目では分かりにくいですが、ダイレクトにビビビッと感触があるので、面白いですヨ。
ちなみに、投げ釣りの中にも、遠投げやチョイ投げなど投げる距離で違いがあります。

サビキ釣り

エビみたいな仕掛け付きの複数の小さい針がついた、専用の釣り針を使います。
主に、回遊魚(アジやサバなど)を釣る時の釣り方です。
エサを入れる専用のカゴを一緒に付けて使います。





何を準備したらいいの?

釣り方の種類が少し分かったところで、次は必要物品を準備してみましょう。

  • 釣り竿
  • 釣り糸
  • 釣り針
  • リール
  • おもり
  • エサ
  • バケツ
  • クーラーボックス
  • 糸切りバサミ
  • プライヤー

まず最低限は、これくらいでしょうか。
どれも種類がいろいろあるので、迷ってしまうと思いますが、そんな時はコレ‼️

このようなセットが、どこの釣具屋さんにも、ネットにもありますので、ひとつずつそろえるより初心者の方にはオススメです。
我が家も、いまだに初心者セットの竿を使っています。
釣りを始めてみて、ハマったら、きっと自ずと「もっとしなる竿がいい、もっと良いリールがいい」など凝ってみたくなるはず☆
そうなったら、自分好みの物を揃えていくとよいでしょう。

どこで釣ればいい?

さぁ、道具を揃えたら、釣る場所を決めましょう!
子供連れにオススメなのは、『海釣り公園』です。
海釣り公園のいい所は、

  • 堤防沿いに柵があって安全
  • トイレがある、比較的キレイ
  • 広い所が多い

主にこの3つです。
公園と思えば普通のことに思えるかもしれませんが、釣りをする堤防は、本来柵がなく、高い場所も多く、狭かったりします。
更に、トイレはない所も多く、あっても昔ながらのボットン便所なんて所も珍しくありません。
子供にトイレの心配はつきものですし、親子で安全に楽しく釣りをするには、海釣り公園は最適です。
このようなサイトもあります↓
http://umizurikouen.chowari.jp/

いつ行けばいい?服装は?

釣りはだいたいの魚が、満潮時が1番釣れるとされています。
満潮は、だいたい早朝と夕方〜夜ですが、初心者なら早朝の方がよいでしょう。昼間でも釣れる魚もいますので、行く予定の海釣り公園でどのような魚が釣れるのか、調べてみてください。
服装は、釣る時間帯にもよりますが、海なので風が強いことも多く、思ったより涼しく感じるので、体温調節しやすい服装にしましょう。
もちろん、動きやすい服と靴で!
また、じっと魚を待っていると、思いの外日焼けします。日焼け対策もするとよいでしょう。

知っておいてほしいマナー

ゴミは持ち帰りましょう

これは、当然ですよね。でも、エサの容器を置いていったり、ゴミを放置して帰ってしまう人も見かけます。ゴミが海に落ちてしまうと、海を汚す原因にもなります。
子供連れだと、おやつなども持って行くでしょうから、ゴミを片付けるように親子で気をつけましょう。

隣の人と十分な間隔を空けて釣りましょう

初めから真っ直ぐ投げられればまだいいのですが、なかなかそうはいきません💦
竿を真っ直ぐ投げるって、意外に難しいものです。
風の影響もありますが、かなり横に飛んでいってしまうこともあるので、隣の人の糸に絡まるトラブルを避けるためにも、十分な間隔をとって釣りましょう。




皆さん、少しずつ釣りに興味は湧いてきましたか?
釣り未経験の人の参考に、少しでもなればいいと思います。
まだまだ私も勉強中なので、今後も随時更新していきますね。



励みになるので、よろしければ読者登録してもらえると嬉しいです♡

↓ポチッとお願いします♡↓

人気ブログランキングへ
↓こちらもポチッとお願いします♡↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村